製品紹介

金型設計、製作、販売

顧客が利益を生む金型づくり
“図面寸法を公差内に治めてサンプル納入、金型搬入後1時間連続自動加工で検収”は創業以来の金型づくりです。 安定した生産を実現するには、主要寸法の工程能力1.33以上と稼働率90%以上を実現する 必要があります。更に段取り時間の短縮や、温度変化に対応出来る金型製作を常に考えております。
左:沼省250トンでの連続加工トライ風景

右:プレス外でフィンガーのシュミレーションを行い客先工場作業時間を最小限にする予防処置。

省力化装置の設計、製作、販売

いまひつようなのは省力化
沼省の”省”は省力化の省です。トランスファー金型そのものが省力化装置ですが、 トランスファーユニット(メカ式)等、プレス周辺の省力化装置の設計、製作、販売もしております。
右:他社のプレス機に沼省トランスファーユニットを組付。

左:小型油圧プレスに自動制御装置付単発型を組付。

トータルシステムの提案、計画、販売

海外への納入実績多数有り
トランスファープレス加工を始める前に是非ご相談下さい。ご希望の製品を合理的、効率的に生産できるトータルシステムを提案、計画致します。 更にお客様の予算、生産台数(月産、年産)にあった最適な提案(プレス選定、中古プレス選び、周辺機器の選定)をさせて頂きます。

プレス加工(試作、量産)

沼省が得意な分野で”世の中に無い”ものづくりのお役に立てれば幸いです。
試作
□量産するには困難でバックデータが必要となる試作品も承ります。小ロットから2000個程度でしたら、単発加工にてサンプル製作します。
量産
□既存のAIDA250トンプレス(特殊仕様のプレス)で月産10万個〜15万個のプレス加工が可能です。

試作型加工例
AIDA250トンプレス
社内250トンでの生産例